このエントリーをはてなブックマークに追加

お肉の格付け「A5等級」について

皆さんこんにちは!かごしま よかもんnet担当の冨松です。

今回は、お肉の格付けについての、豆知識コーナーをお送りいたします!

 

皆様は、お肉にも格付け(等級)があることはご存知でしょうか。

「A5等級」はイイ肉!と聞いたことがある方も多いと思います。

しかし!A5等級の中にも格付けがあることはご存知でしょうか。

そんなお肉の格付けの謎に迫ります!

牛肉

国内で販売されている牛肉は、公益社団法人 日本食肉格付協会により格付が行われています。

その格付けは、牛一頭からどれだけの肉を取れるかを表す、

『歩留等級(3段階)』

と、

「BMS(脂肪交雑)」 ・ 「肉の色沢」 ・ 「色のしまりと、きめ」 ・ 「脂肪の色沢と質」を総合評価した、

 『肉質等級(5段階)』

となります。

名称未設定 2

「BMS(脂肪交雑)」が霜降りの度合いを表し、12段階で評価され、「BMS」8以上が5等級なのです。

5

というわけなんですね!

A5等級の中にも。なんと5段階もランクがあるとは、私も知ったときは驚きでした!

私自身も、A5等級のお肉を食べたことがありますが、食べた瞬間、

とけてなくなった!!!!!!

とビックリ!濃厚でまろやかなコクが口いっぱいに広がり、思わず目を閉じて幸せをかみしめてしまったことを思い出します。

A5等級のBMS12等級のお肉を一度は食べてみたいものです。

ちなみにBMSとは、「Beef(牛肉) ・ Marbling(大理石模様) ・ Standaed(基準)」の略です。

6

公益社団法人 日本食肉格付協会が格付けした国内産の牛肉の中でA5等級はわずか9%足らずで、そのほとんどが和牛です。

そもそも国産牛の中には、日本でお肉の生産を目的に改良された「和牛」と、

牛乳の生産を目的としたホルスタイン種やジャージー種などの「乳用牛」、

乳用種のメス × 黒毛和種のオスの交配の「交雑種」があります。

「和牛」は黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種が主流です。そのうち約95%が黒毛和種で和牛のほとんどを占めています。

ブランドの「鹿児島黒牛」は、黒毛和種なのです!

 

このように、お肉についても奥がとても深く、私自身もまだまだ知らないことばかりです。

等級について、黒牛についての知識を分かった上で、お肉を選び、食べると楽しいですよ!

091

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事